めんそ~れオフィスとは?

那覇市企業立地ガイド

本庁地区

 本庁地区には国や県庁の公的機関が多く立地し、金融機関や多くの国内外企業が進出する主にビジネスの中心となっている地区です。那覇市役所本庁もこの地区に立地しています。
 交通機関等を活用すれば空港から約20分以内で移動できることから、アクセスに便利な地域となっています。
 この地区の最寄りモノレール駅は、壺川駅、旭橋駅、県庁前駅、美栄橋駅、牧志駅、おもろまち駅、古島駅となっています。

【壷川】
 かつては、琉球王朝の表玄関として「那覇港(なはみなと)」として賑わいを見せ、アジアの一大貿易港として発展したエリアで、駅から330号線・壺川通りを渡り、県警本部までのエリアは閑静な住宅街。とくに泉崎2丁目、楚辺あたりは落ち着いた雰囲気の環境。また国場川の川沿には公園があり、団地やマンションが建ち並んでいます。
【旭橋】
 沖縄都市モノレール旭橋駅と那覇バスターミナルが立地している特性から、交通の利便性が最も高いエリアです。商業、宿泊、居住等多様な都市機能を導入することで、風格ある那覇市中心市街地の玄関口にふさわしい、豊かでゆとりある都市空間となっている。現在都市再開発が進められています。
【久茂地】
 那覇市中心部に位置する。北側に松山、前島、東側に牧志、南側に松尾、泉崎、東側に久米、東町に接し、沖縄県庁や那覇市役所にも近く、金融機関や放送局などが立地するオフィス街で、沖縄県の経済の中心地となっています。市民劇場、事務所及び百貨店等の都市的情報機能を備え、周辺ではイベントも多い。
【美栄橋】
 国際通り・繁華街も徒歩圏内で好立地。ショッピングエリア、うまいどころがたくさんあり観光やビジネスに最適です。
【おもろまち】
 「おもろまち」という地名は公募によるもので、おもろとは歌の意で、沖縄方言の「思い」から来た語です。沖縄県那覇市の北部に位置する再開発地区に位置し、大型ショッピングセンターや総合運動公園が設置されています。沖縄都市モノレール線のおもろまち駅および古島駅に近接しており、沖縄県で最も高い高層ビルも当地にあります。
【泊】
 泊埠頭に立地しているため渡嘉敷島・座間味島等、離島へのアクセスも思いのまま。